スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イデオロギー
いろんな意味でちょこっと落ちていました。
落ち込む時って、最初は一つの小さな原因でも、それからいろんな些細な事がどんどん積み重なって大きくなっちゃうんですよね。
もう、最初の落ち込んだ原因が分からないくらいいろんな事で落ち込んじゃう。

そんなわけで、そんな積み重なった落ち込みの原因の一つを書こうと思います。


日本文化って何なのか分からなくなりました。
というか、『日本って何?』っていう所まで分からなくなって。
考えれば考えるほど、何も分からなくなって。
考えるのも面倒になってしまいました。

その定義は自分で決めなければならないんだろうけど。
政治・民族・民俗・風習・精神・宗教のどこに視点を置くかでも違うし。
分からないよー!って感じです。

と思っていたのですが、イデオロギーっていう言葉の意味を何気なく調べてみたら、ここに答えがあるような気がしました。

●政治・道徳・宗教・哲学・芸術などにおける、歴史的、社会的立場に制約された考え方。観念形態。(大辞泉)

●社会集団や社会的立場(国家・階級・党派・性別など)において思想・行動や生活の仕方を根底的に制約している観念・信条の体系。歴史的・社会的立場を反映した思想・意識の体系。観念形態。(大辞林)

私は日本のイデオロギーを知りたいんじゃないかなって。
日本文化をやりたいっていうのは、日本人の根本的なものを知りたかったから。
で、それは何かっていうと思想だったり、精神、宗教、芸術、文化、歴史・・・・などなど。
それって事は、イデオロギーを知りたいって事なのかなって。

なんか、この言葉の意味を知ってストンと腑に落ちたような気がします。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/01/16 00:12】 | レポート | トラックバック(0) | コメント(3) |
12月20日。盛花。
今日は盛花。
本当に久しぶりの盛花でした。

『盛花』って何かというと、
3:2:1の比率だけ作って、後は自由にやりなさい~って感じのものです。たぶん(曖昧)

文明開化により日本に西洋の文化がわんさか入ってきて、それまでの日本文化が軽視されていた時代。
華道も例外ではなく、文明開化の波に揉まれて存続の危機にさらされていました。
そこで、それまでの難しそうな「生花」ではなく、3:2:1という比率を守ると美しい花を活けられるという盛花というジャンルを作り、広げる事で門徒を増やし今の華道があるそうです(これまた手元に資料がないのでうろ覚え)

↓が今日活けたお花。
デジカメ忘れたのでケータイで撮影です。

PIHsh00461.jpg

右3:左2:前の緑の木:1です。

【2005/12/20 21:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
結局、何をやる気なんですか?自分は
今日は久しぶりにゼミに行ってきました。
年明けに提出だったレポートが来月末に延びてた!
ラッキ~♪
って思ったけれど、来月末って他の授業のレポート提出ラッシュじゃん!
今からやらないと。
まとめておかないと。
焦ってる自分の姿が容易に想像できます。
それで他の単位取るのに必死で、ゼミレポートどころじゃない!とか言ってそうな気が・・・。

や、やろう。

・・・で。
何をやるの?爆

とりあえず、今考えている事を箇条書き。


○日本の自然観。
自然観っていうのは、生き方や、心の感じ方。死生観。宗教。生活。美意識。芸道全部含めて自然観です。

あっ、これで全部な気がするよ(汗)
「日本の死生観」って言っても、心の感じ方、生き方、美意識、宗教・・・ってなるし。全部一緒なんだろうね。自分の中で。

でも、それを一言で言うとなんなんだろうね。分からんです。


そうそう。
中原中也の詩集に、凄く感銘した詩があるんです。
私が今思う日本の美意識や自然観など。この詩に全部集約されてるな~って感じました。


続きを読む
【2005/12/15 22:08】 | ゼミ | トラックバック(0) | コメント(0) |
焦り
今日はゼミの日でした。
けっこう遅刻して行ったので、私がついた時には発表が半分くらい終わってた(爆)

で、家に帰ってきてから遅刻して行ったせいで聞けなかった人のレジュメを読んだんですよ。
私と同じく日本文化をやろうとしている子のレジュメをです。


正直、焦った。
凄く素直に自分の感じたことを表現しているな~って。
上手く書こうとか、良く見せよう、とかじゃなくて、素直に自分自身が感じたままの気持ちを書いてるのが伝わってきました。

お寺に行ってその美しさに心が動いたこと。何故心が動いたのか。素直に書いてるんです。そしてその動いた気持ちが、読み手にまで伝わってくるような文章でした。

だいたい、この人、文章中に『美しい』っていう言葉使ってないからね。
「美しい」という言葉を使わずに、美しさを表現できるか?
私には出来ないです。

難しい知識なんて一切ないんです。
難しい言葉も一切ないんです。
でも、伝えようとする気持ちは痛いほど伝わってきました。
そんな文章書けるか?

『本を読むと、そこに書いてあることに縛られる可能性があり、それを避けたいと考えているので、できる限り自分の感じたことを自分の言葉で表してみてから、本を読むことにした』(抜粋)

って書いてたけど、この子の場合絶対にその通りだと思う。
凄く感性が鋭くて、繊細な子だな~って思った。
それをなくしてほしくないなと。勝手に思いました。

なんか、焦る気持ちと、羨ましい気持ちと、尊敬の気持ちでグチャグチャです。


素直な心って美しいですね。
その子のレジュメを何度も読み返してしまいました。
泣きたくなるくらい、綺麗な文章!マジで。

私はお寺の庭とか見て「綺麗だな~」と思ったら『それの何が綺麗なのか』とひねくれて考えてしまうんだけど。
この子は「あるがまま」を受け入れているんです。
凄く素敵な事だと思う。
自分の気持ちに凄く素直。
この子の発表を聞きたかったなー。

こういう子は、自分の核となる美意識を持っているんだろうね。
実家が呉服屋さんって言ってたなー。
やっぱり、小さい頃から本物を見ている人は違うのでしょうか。

もう一人、ゼミに日本文化をやる子がいるんだけど。
その子は根っからの京都人。
京都の年中行事は当たり前に参加しているし、家に古い茶器とかいっぱいあるって言ってた。

私は・・・。私には何があるんでしょうか?

他人と比べたところでしょうがないね。
もっといろんなものを見て、読んで、心を動かして、自分をつくっていくしかない。

続きを読む
【2005/11/24 22:14】 | ゼミ | トラックバック(0) | コメント(0) |
11月15日。自由花
今日は自由花です。
いつもは、考えて考えて花を活けるんだけど(考えてるわりに微妙なお花)今回は本当に自由に何も考えず好き放題活けてみました。

いつもは花の本数も少なく、なるべく空間をキレイにみせるように。
小さい花で大きくみせるよにと私なりに意識して活けてるんだけど、今回はそれもナシ!!
なんか楽しかったです♪

でも、楽しかったけれどキレイじゃないですね。
凄く微妙。おかしい。タイプじゃない。
やっぱり、『生け花』だっていう事を考えて意識しながらやらなきゃダメですね。
『自由花』とはいえ、単純に楽しいだけじゃ、好き勝手に自由にやるだけじゃ本当に満足できるものは出来ないんですね。


正面から。
o0081.jpg


上から。
o0111.jpg


続きを読む
【2005/11/15 21:35】 | 華道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
足跡


卒論への足跡。 演劇や本の感想、思った事をグダグダと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ツブ

  • Author:ツブ
  • 【在住】京都
    【出身】北海道
    【好き】GLAY・PIERROT・茂山千五郎家
    【尊敬】麻生圭子さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。