スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
焦り
今日はゼミの日でした。
けっこう遅刻して行ったので、私がついた時には発表が半分くらい終わってた(爆)

で、家に帰ってきてから遅刻して行ったせいで聞けなかった人のレジュメを読んだんですよ。
私と同じく日本文化をやろうとしている子のレジュメをです。


正直、焦った。
凄く素直に自分の感じたことを表現しているな~って。
上手く書こうとか、良く見せよう、とかじゃなくて、素直に自分自身が感じたままの気持ちを書いてるのが伝わってきました。

お寺に行ってその美しさに心が動いたこと。何故心が動いたのか。素直に書いてるんです。そしてその動いた気持ちが、読み手にまで伝わってくるような文章でした。

だいたい、この人、文章中に『美しい』っていう言葉使ってないからね。
「美しい」という言葉を使わずに、美しさを表現できるか?
私には出来ないです。

難しい知識なんて一切ないんです。
難しい言葉も一切ないんです。
でも、伝えようとする気持ちは痛いほど伝わってきました。
そんな文章書けるか?

『本を読むと、そこに書いてあることに縛られる可能性があり、それを避けたいと考えているので、できる限り自分の感じたことを自分の言葉で表してみてから、本を読むことにした』(抜粋)

って書いてたけど、この子の場合絶対にその通りだと思う。
凄く感性が鋭くて、繊細な子だな~って思った。
それをなくしてほしくないなと。勝手に思いました。

なんか、焦る気持ちと、羨ましい気持ちと、尊敬の気持ちでグチャグチャです。


素直な心って美しいですね。
その子のレジュメを何度も読み返してしまいました。
泣きたくなるくらい、綺麗な文章!マジで。

私はお寺の庭とか見て「綺麗だな~」と思ったら『それの何が綺麗なのか』とひねくれて考えてしまうんだけど。
この子は「あるがまま」を受け入れているんです。
凄く素敵な事だと思う。
自分の気持ちに凄く素直。
この子の発表を聞きたかったなー。

こういう子は、自分の核となる美意識を持っているんだろうね。
実家が呉服屋さんって言ってたなー。
やっぱり、小さい頃から本物を見ている人は違うのでしょうか。

もう一人、ゼミに日本文化をやる子がいるんだけど。
その子は根っからの京都人。
京都の年中行事は当たり前に参加しているし、家に古い茶器とかいっぱいあるって言ってた。

私は・・・。私には何があるんでしょうか?

他人と比べたところでしょうがないね。
もっといろんなものを見て、読んで、心を動かして、自分をつくっていくしかない。

続きを読む
スポンサーサイト
【2005/11/24 22:14】 | ゼミ | トラックバック(0) | コメント(0) |
11月15日。自由花
今日は自由花です。
いつもは、考えて考えて花を活けるんだけど(考えてるわりに微妙なお花)今回は本当に自由に何も考えず好き放題活けてみました。

いつもは花の本数も少なく、なるべく空間をキレイにみせるように。
小さい花で大きくみせるよにと私なりに意識して活けてるんだけど、今回はそれもナシ!!
なんか楽しかったです♪

でも、楽しかったけれどキレイじゃないですね。
凄く微妙。おかしい。タイプじゃない。
やっぱり、『生け花』だっていう事を考えて意識しながらやらなきゃダメですね。
『自由花』とはいえ、単純に楽しいだけじゃ、好き勝手に自由にやるだけじゃ本当に満足できるものは出来ないんですね。


正面から。
o0081.jpg


上から。
o0111.jpg


続きを読む
【2005/11/15 21:35】 | 華道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
池坊華道展
先生にチケットを頂いたので、池坊の華道展に行ってきました。

会場にはオバ様がいっぱい。
どこもかしこおオバ様、オバ様、オバ様・・・・。
疲れた(苦笑)

オバ様方の会話を聞いたり、作品を見てたらなんかよく分からなくなりました。
私は生花習いはじめてから一年くらいしかたってないし。
いくつか文献は読んだけど、結局それって受身でしかなかったのかな~と。
情報でしかなくて、知識になってない。
そもそも、知識なんて生花には必要ないのかもね。

何を感じるか。何を表現できるか。

心と技術ですか?

『生花は目で見るんじゃない。心でみるんだ。』
と何かの本に書いてたような。

頭でっかちになっちゃいかんね。
たかだか一年で何が出来るっていうんだ。
何十年もやってきたオバ様方に失礼だよ。

一年で見えてきたこと。感じられるようになったこと。
それで良いのかな?
それを上手に表現できるように、知識を付けなきゃいけないのかな。
ゼミの先生も『卒論は入口でしかない』って言ってたし。


続きを読む
【2005/11/12 02:44】 | 華道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
最澄と天台の国宝
京都国立博物館で開催されている
『最澄と天台の国宝』展に行ってきました。

凄い内容充実してましたよ。
日本中から国宝・重文をかき集めてきたって感じ。
さすが国立博物館の特別展!
感心しました。

仏像、仏教画、書物、仏教具などなど数が半端じゃない!
全部見るのに2時間以上かかりました。
おかげで、常設展が見られなかったよ(涙
でも、たしかここの常設展も全部見るのにそれくらい時間かかるんだよね。以前、一度訪れた事があるんだけど、その時は時間が足りなくて全部見られなかった記憶があります。

ガラスケースに入ってない大きな仏像は、照明が考えられていて良かった!
一体一体美しく、大きく、存在感を持って見せていました。
ガラスケースに入っているものも、一つ一つの空間が程よい感じで見やすかったです。
普段、仏像をあんなに間近でじっくり見る機会なんてめったにないから本当に感動しました。

今回、一番人気があったのは『空也像』じゃないかな。
日本史の教科書に必ず出てくるし、口から何か出してるよ!っていうインパクトもあるし。
でも、何よりも感じたのは今にも動き出しそうな躍動感!
他の仏像彫刻は座ってるものが多いんですよ。その中で今にも歩き出しそうなリアルさを持ったのは空也像が一番だったんじゃないかな。
歩いて民衆に念仏を伝えた人っていうのが伝わってきました。

仏教画は六道図を楽しみにしていたんだけど、覚えてる限り2点しかなかった;一枚は中国のもの。もう一つは日本のもの。
中国に比べて、日本人の地獄図は凄いね!怖いよ!!
これを見たら、絶対に悪い事はやめておこうって思うわ(笑)

仏教具は豪華絢爛で重厚なのにシンプルで。日本の美意識を感じました。
仏に捧げるものだから究極の美を求めてつくられているそうです。

書物は・・・良く分からん!爆
読めないし。笑

続きを読む
【2005/11/03 22:01】 | 博物館・美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
11月1日。自由花
今日は自由花でした。
今日のお花は小さいうえに量も少なくて活けづらかったです。
いつもそうなんだけど、試行錯誤しているうちに花を切りすぎて毎回同じような小さい型の活け方になるんだよね(汗)
もっと、最初にどう活けたいのか考えてから切らなきゃダメだよな~と思いました。

隣で活けてた子の作品はお花の長さを充分に使って大きな感じに仕上がってました。同じ花材でもここまで印象が違うんだな~って面白かったです。

zi

【2005/11/02 00:14】 | 華道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
足跡


卒論への足跡。 演劇や本の感想、思った事をグダグダと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ツブ

  • Author:ツブ
  • 【在住】京都
    【出身】北海道
    【好き】GLAY・PIERROT・茂山千五郎家
    【尊敬】麻生圭子さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。