スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
池坊華道展
先生にチケットを頂いたので、池坊の華道展に行ってきました。

会場にはオバ様がいっぱい。
どこもかしこおオバ様、オバ様、オバ様・・・・。
疲れた(苦笑)

オバ様方の会話を聞いたり、作品を見てたらなんかよく分からなくなりました。
私は生花習いはじめてから一年くらいしかたってないし。
いくつか文献は読んだけど、結局それって受身でしかなかったのかな~と。
情報でしかなくて、知識になってない。
そもそも、知識なんて生花には必要ないのかもね。

何を感じるか。何を表現できるか。

心と技術ですか?

『生花は目で見るんじゃない。心でみるんだ。』
と何かの本に書いてたような。

頭でっかちになっちゃいかんね。
たかだか一年で何が出来るっていうんだ。
何十年もやってきたオバ様方に失礼だよ。

一年で見えてきたこと。感じられるようになったこと。
それで良いのかな?
それを上手に表現できるように、知識を付けなきゃいけないのかな。
ゼミの先生も『卒論は入口でしかない』って言ってたし。




家元さんの作品の前には人だかりが出来てました。
見えなかったよー。
家元の作品の前だけに人だかりが出来るのは、作品が素晴らしいからなのか、家元っていう名前が凄いからなのか。
私には分かりませんが。両方かな?
ピカソの絵そのものが凄いのか、ピカソの絵を素晴らしいという人の感性が凄いのか、ピカソっていう名前が凄いのか。それと一緒な気持ち。


とかひねくれた事を言ってるけれど、たくさんの作品の中でも素直に「良いな」と思う作品もありました。
静止しているはずの作品に動きが見えるような。そんな作品が好きです。
動きっていうのは、流れだったり、季節だったり、風だったり、成長だったりいろいろなんですが。
どうすればそういうのが出来るようになるのかなー。
私も表現出来るようになりたいなと思いました。

スポンサーサイト
【2005/11/12 02:44】 | 華道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<11月15日。自由花 | ホーム | 最澄と天台の国宝>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tuku2b.blog12.fc2.com/tb.php/10-4dd3ddac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
足跡


卒論への足跡。 演劇や本の感想、思った事をグダグダと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ツブ

  • Author:ツブ
  • 【在住】京都
    【出身】北海道
    【好き】GLAY・PIERROT・茂山千五郎家
    【尊敬】麻生圭子さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。