スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
11月15日。自由花
今日は自由花です。
いつもは、考えて考えて花を活けるんだけど(考えてるわりに微妙なお花)今回は本当に自由に何も考えず好き放題活けてみました。

いつもは花の本数も少なく、なるべく空間をキレイにみせるように。
小さい花で大きくみせるよにと私なりに意識して活けてるんだけど、今回はそれもナシ!!
なんか楽しかったです♪

でも、楽しかったけれどキレイじゃないですね。
凄く微妙。おかしい。タイプじゃない。
やっぱり、『生け花』だっていう事を考えて意識しながらやらなきゃダメですね。
『自由花』とはいえ、単純に楽しいだけじゃ、好き勝手に自由にやるだけじゃ本当に満足できるものは出来ないんですね。


正面から。
o0081.jpg


上から。
o0111.jpg




自由な型のない中に自由な精神を持つ事が日本の芸道なのかな・・・と思ったり。

私は実際に自分で体験したわけじゃないから本の受け売りだけど、能・狂言・茶道・京舞・・・華道の生花(せいか)もだけど、それらは伝統の型を忠実に再現することが大前提なんですよ。
じゃあ、同じ型を忠実に再現しているなら誰がやってもみんな同じじゃないか!っていうとそうじゃないんですよね。
全く同じ型でも、その型を越える精神・エネルギー・心は人それぞれ違うから。
それらを型という小さな・最小限の枠組みに最大限にぶつけることで、型を超えた大きなモノ(精神・エネルギー・心)としてみせる事、みる事が大切なんです。

型を見るんじゃない。心をみるんだ。
だから、心を磨かなければならない。感動して心を豊かに、心を素直にして自分を高めなければならない。
そのために毎日のお稽古や修行をするんだそうです。
お稽古や修行というのは特別なことじゃない。
毎日の生活をきちんと営む事。
簡単なようだけど、案外それが一番難しいことだと思います。
私は全く出来てナイ!!


でも、そんなお花が活けられるように努力したいね。


スポンサーサイト
【2005/11/15 21:35】 | 華道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<焦り | ホーム | 池坊華道展>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tuku2b.blog12.fc2.com/tb.php/11-e0dd5350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
足跡


卒論への足跡。 演劇や本の感想、思った事をグダグダと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ツブ

  • Author:ツブ
  • 【在住】京都
    【出身】北海道
    【好き】GLAY・PIERROT・茂山千五郎家
    【尊敬】麻生圭子さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。