スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
結局、何をやる気なんですか?自分は
今日は久しぶりにゼミに行ってきました。
年明けに提出だったレポートが来月末に延びてた!
ラッキ~♪
って思ったけれど、来月末って他の授業のレポート提出ラッシュじゃん!
今からやらないと。
まとめておかないと。
焦ってる自分の姿が容易に想像できます。
それで他の単位取るのに必死で、ゼミレポートどころじゃない!とか言ってそうな気が・・・。

や、やろう。

・・・で。
何をやるの?爆

とりあえず、今考えている事を箇条書き。


○日本の自然観。
自然観っていうのは、生き方や、心の感じ方。死生観。宗教。生活。美意識。芸道全部含めて自然観です。

あっ、これで全部な気がするよ(汗)
「日本の死生観」って言っても、心の感じ方、生き方、美意識、宗教・・・ってなるし。全部一緒なんだろうね。自分の中で。

でも、それを一言で言うとなんなんだろうね。分からんです。


そうそう。
中原中也の詩集に、凄く感銘した詩があるんです。
私が今思う日本の美意識や自然観など。この詩に全部集約されてるな~って感じました。




『春宵感懐』

雨が、あがつて、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
みなさん、今宵は、春の宵。
 なまあつたかい、風が吹く。

なんだか、深い、溜息が、
 なんだかはるかな、幻想が、
湧くけど、それは、掴めない。
 誰にも、それは、語れない。

誰にも、それは、語れない
 ことだけれども、それこそが、
いのちだらうぢやないですか、
 けれども、それは、示かせない・・・・・

かくて、人間、ひとりびとり、
 こころで感じて、顔見合せれば
につこり笑ふというほどの
 ことして、一生、過ぎるんですねえ

雨が、あがつて、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
みなさん、今夜は、春の宵。
 なまあつたかい、風が吹く。

中原中也 「在りし日の歌」より


他にも、感動した詩がいっぱいあるんですけど、
この詩が一番好きです。
スポンサーサイト
【2005/12/15 22:08】 | ゼミ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<12月20日。盛花。 | ホーム | 焦り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tuku2b.blog12.fc2.com/tb.php/14-61b9bce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
足跡


卒論への足跡。 演劇や本の感想、思った事をグダグダと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ツブ

  • Author:ツブ
  • 【在住】京都
    【出身】北海道
    【好き】GLAY・PIERROT・茂山千五郎家
    【尊敬】麻生圭子さん

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。